【DIY】象印ポットVE電気まほうびん 優湯生(CV-PT30)の沸騰が止まらなくなったときの修理例


zojirushi_logomonotaro_logo

ある日自宅の電気ポットが轟々とお湯を沸かし続けて、その蒸気で台所が結露しまくっていることに気づきました。

「あーあーあー・・・」とビショビショに濡れてしまった吊戸棚とそこから滴った水滴をタオルで拭いたわけですが、気づいたときのお湯の残りは僅かで空焚き間際という状況でした。

温度センサーがいかれた?と思い一瞬買い替えを考えましたが、VE電気ポットは古いモデルではありません。2011年製でまだ5年しか経過していないのでモデルサイクルの長い電気ポットとしてはまだまだ現役と言えるものです。とりあえず修理できそうか分解してみることにしました。

※注意

因みにですが、もし電気部品の取り扱いに慣れていない人は無理してやろうとせずメーカー修理か買い替えを検討してください。電熱系回路は下手すると火災に至る可能性があります。やるのであれば言うまでもないことですが自己責任でお願いします。

象印VE電気まほうびん 優湯生 CV-PT30 底面ふた開封前

で、開封しようとしていきなりつまづきます。

画像の円形プレートを固定している1本のビスが特殊工具でないと開かないものになっていたのですが、ラジオペンチでビスを掴んで回してみたところ軽く回ってくれました。露出した2本と、側面1本のプラスドライバーで回せるビスを外して基盤を覆う白いカバーをパカっと外せば・・・

基盤が露出します。

象印VE電気まほうびん 優湯生 CV-PT30 制御基盤 外観

象印VE電気まほうびん 優湯生 CV-PT30 制御基盤 外観

お湯の温度を取得する温度センサーはちょっと見当たらなかったのですが、基盤のどれが温度管理を行っているのだろうと調べてみたところ、オムロン製のパワーリレーを見つけました。

久々に秋葉原を歩いてみたいし秋月電子で扱ってれば取り寄せじゃなく買いに行こうかな、、などと考えて型番を検索してみたところ、出てきたのは秋月電子ではなくモノタロウでした。

モノタロウ: オムロン(omron)パワーリレー G5CA-1A-TP-E DC12 1個

テレビでCMしてるので知ってるひとはいるかと思いますが、工場で扱うような部材をあれこれ扱っている通販会社です。CMから電子パーツを扱っているイメージはなかったのですがこんなものも扱ってたんですね。

ということで取り寄せ。代引きにしたので1300円弱です。

これがそのパワーリレー。2つの端子がヒータ開閉回路の端子です。

オムロン(omron) パワーリレー G5CA-1A-TP-E DC12

オムロン(omron) パワーリレー G5CA-1A-TP-E DC12

では早速交換してみましょう。はんだごてとヤニ入りハンダ、ハンダ吸収線を用意します。

基盤はプラスのビス一本で外せます。赤い丸で囲った接点6か所を外して取り寄せた部品と交換。

象印VE電気まほうびん 優湯生 CV-PT30 制御基盤 裏面

象印VE電気まほうびん 優湯生 CV-PT30 制御基盤 裏面

早速テストして見ると、100℃でリレーからカチンという音が聞こえ、加熱回路が切り替わることが確認できました。

終わってみて・・・


この型は空焚き防止機能が付いているので、火災には至らないとは思うもののさてどうだったでしょうね。

今回は結果的にパワーリレーの故障の見当が運よく当たって交換で復旧したわけですが、パワーリレースイッチがいかれていたということは空焚き状態になっても加熱回路がOFFにならなかったのでは?と思ったりしてます。(故障状態で実験していないので分かりませんが・・・)

ということはヘタしたら焼き付いて燃え出したかも知れません。。

ネットで調べると沸騰が止まらない故障事例は結構でてきました。

象印は設計ミスを認めていないようでリコール対応は行っていません。

過去のモデルではこのパワーリレー自体が焼き付いてメーカー修理対応してもらった事例があるようで、今回のCV-PT30は一応その対策品としてオムロン製に置き換えられているモデルのようです。

けれどちょっと怪しいですね。ポットの買い替えを検討するときは大体候補に挙がってくるのはタイガーか象印か、なわけですが、新品を購入される際は注意した方がいいかもしれません。

家電製品は誰しも10年程度はもつと思っています。まして電気ポットなどという枯れた製品が5年程度で火災の恐れを感じる故障に至るようであればちょっと使いたくないですよね。

保温したまま家を離れる使い方をしがちな電気ポットは外出時は必ずケーブルを外すという動作を身体に染み付けた方がいいかもしれません。

それか、昨今流行りの電気ケトルであれば使いたいときに沸かすという動作を繰り返す使い方になるので、沸騰が止まらない故障にはすぐ気づけるかもしれません。

なら電気代の節約にもなるし火災防止のためにも電気ケトルがいいじゃん?製品自体も安いし。。

となるかと思いますが、電気ケトルも同様のパワーリレーを使っています。

安物を選べば安物なりのリスクがあることを承知しておいてください。

amazon: 電気ケトル・ジャーポット

モノタロウ公式ホームページ


広告
カテゴリー: DIY, 製品, 未分類 | タグ: , , | コメントをどうぞ

TED 公式ガイド本(The Official Guide to Public Speaking)も面白い!


 

ted-logo

私が最初にTEDトークを観たのはYouTubeでした。

アル・ゴア元アメリカ合衆国副大統領の気候変動に関するトークだったと思います。

当時TEDという非営利団体があること、それは誰が何のためにどんな経緯から発足しどんな歴史を経ているのか、なんて背景のことなど全く知らず、ただYouTubeの1コンテンツとしてあれこれつまみ食いしていただけでした。

更にTEDを知るきっかけになったのは、NHKのスーパープレゼンテーションという番組です。

仕事上プレゼンというか提案活動のようなことをしていたのでそのタイトルに惹かれて観始めたのですが、そのステージの背景にも大きくTEDと掲げられていたので、

「あれ、そうかTEDはトークの内容はもちろんだけど、プレゼンテーションそのものの在り方もテーマにした活動(?)だったんだ」

と頭のなかで初めてつながりました。

 


興味を覚えてTED.comにアクセスし、ティム・アーバンのトークを観てハマりました。

なんて人の興味を惹きつける話し方をする人だろう。。面白い!何回聞いてもニヤニヤしてしまいます。

 

そんな折、書店で公式ガイドを見かけました。

運営者であるクリス・アンダーソン本人による著です。

クリス・アンダーソン 著、関 美和 訳
352ページ

価格 : 1,944円(税込み)
ISBN : 978-4-8222-5165-9
発行元 : 日経BP社
発行日 : 2016/07/19

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド 日経BP書店

TED TALKS スーパープレゼンを学ぶTED公式ガイド 目次

このページを読んでいる方は仕事や学校で人前で話をする機会はありますか?

本書はTEDの楽しみ方はもちろん、TED式プレゼン術がキレイにまとめられ、事前にやっておくべきこと、やってはいけないこと、どんなトークが人を惹きつけ、どんなトークが人を退屈にさせるのか、お手本となる講演者は誰?などなど、プレゼンをする立場の人必読の内容がつづられています。

本書を読んで一番驚いたのは、プレゼンの達人たちが集まるTEDカンファレンスに登壇する講演者たちは、大半の人が多くの時間を使って内容を吟味し、入念なリハーサルを繰り返して準備し、極度の緊張に襲われ人によっては登壇した瞬間に頭が真っ白になるようなプレッシャーを感じながらあのトークに望んでいることが分かったこと。

プレゼンはみんな怖いんですね。

TEDをよく知るために、プレゼンをよく知るために、本書はぜひお勧めします。

クリスが印象にのこった数々のトークも紹介されているので、クリスが感銘を受けた視点を知ってから実際のトークを観てみると、面白さが数倍に膨れますよ。

TED – Google Play

TED – App Store

TED Talks 日本語版 – TED.com

Amazon: TED 公式ガイド

カテゴリー: 書籍, 未分類 | タグ: | コメントをどうぞ

BESTEK bluetooth式ワイヤレスFMトランスミッター(BTBC06S)の使用感


BESTEK(べステック)のFMトランスミッター購入しました。

ここでは簡単ですがセットアップする様子を辿りながら、使用感を書いてみようと思います。

因みに私のクルマはSG5フォレスターです。純正オーディオにはAUX端子がついていないため、本機とオーディオとの接続はFM波を使い、スマホ(XperiaZ初代)との接続はBluetoothで行う無線のみの構成です。

下のイメージになります。

[クルマのFMラジオ] ― (FM波) ― [本機] ― (Bluetooth) ― [スマホ]

本機とFMラジオ間 FM波接続設定


開封して早速シガーソケットに接続しました。

BESTEKワイヤレスFMトランスミッター BTBC06S FM周波数

とりあえず片っ端からボタンを押したり切り替えたりしたのですが、76.0と表示されたのでこれがFMの周波数だと分かりました。

なのでとりあえずクルマのFMチューナーを76.0に合わせてみます。

ピポ?・・・ピポ?という電子音が車のスピーカーから聞こえてきます。同時に”サー・・・・”という小さな砂嵐音も聞こえます。どうやら本機から発するFM波をFMラジオが拾ったようです。因みにこの砂嵐音はAUXで繋いでも出るんでしょうか。。

本機とスマホ間 Bluetooth接続設定


続いて本機とスマホ間のBluetooth接続ですが、これは[設定]メニューから[無線とネットワーク]の[Bluetooth]をONにするだけです。ONにすれば本機は自動でペアリングされます。

言うまでもないことですが、クイック設定ツールのBluetoothアイコンからもONにすればラクチンですね。

さてこれで接続は完了したハズなので、あとはYouTubeなりミュージックアプリなりビデオアプリなりで音が出るかテストしてみましょう。

 

いざ再生


自分はSDカードに入れてあるmp3音源をミュージックアプリで再生してみました。

・・・

音が小さいですね。。。 けど砂嵐音が気にならなくなりました。

本機の左側面にある音量(+)ボタンを何回か押してみます。

BESTEKワイヤレスFMトランスミッター BTBC06S 左側面

すこーし大きくなりました。

クルマのオーディオの音量を普段より大き目にしてみると。。

うーん・・・

スマホの音量ボタンを押してみると。。

「おおーっ!」 グワッと大きくなりました。

Bluetooth接続時はそれ専用の音量ボリュームがあったんですね。

 

音質も普段FMラジオやCDを聴いてる自分には充分満足レベルです。これで退屈なラジオ番組しかないときとかいつでも好みの音楽を聴けるようになりました。

取説に書かれていましたが、オーディオにAUX端子がついている場合は、付属のオーディオケーブルを用いて本機と接続した方が音質がいいそうです。そりゃそうですよね。

さて動作確認できたことにホッとしたところで、本機に2ポート搭載されているUSBソケットにモバイルルータとスマホを差し込み充電しながら利用するというスタイルへ持っていきます。

ブツッ・・・ あれ、音が消えました。

 

ちょっとした注意点


調べた結果、本機へスマホをUSB接続したことで、スマホ側でSDカードがアンマウントされ、本機側にSDカードがマウントされてミュージックアプリからSDカード内のmp3ファイル群が見えなくなっていることがわかりました。

確か本機はUSBメモリを直接差し込んでUSBメモリ内のmp3を再生できる機能があったはず。(試してませんのでどうやって楽曲選択するのか不明ですが・・・)

なので、スマホの通知バーの「SDカードが接続されました タップして~接続を解除します~」の表示をタップしてSDカードをスマホ側に取り返したところ、ミュージックアプリからmp3ファイル群が見えるようになり、元に戻りました。

 

おまけ機能



おまけ機能的なものとして、シガーソケットを介してクルマのバッテリーの電圧と電流を測定する機能があるということで、説明書を見ながら左側面のスライドスイッチを[U/I]側に切り替えてみました。

一定間隔で電圧値と電流値が交互に表示されます。

BESTEKワイヤレスFMトランスミッター BTBC06S バッテリー電圧表示

気にしていたのは電圧のほう。。12.6V!こちらもバッチリです。安心しました。

 

最後に


本機そのものに対する異常やおかしな点はありませんでした。

使えないんだけど・・・という人は上の注意点でつまずいているかもしれないので確認してみてほしいです。

AUX端子が無いためすべて無線構成となりましたが見た目もとてもすっきりしていていい感じです。

これまでシガーソケットからUSBポート1つだけで電源を取っていたのですが。それも2ポートに拡張できたのが地味に嬉しいポイントです。

お勧めですよ。

Amazon: BESTEK FMトランスミッター bluetooth 3.0 ワイヤレス式 シガーソケット usb 2ポート 充電可能 両面差し 電圧電流測定機能搭載 12V車用 FM transmitter BTBC06S

Amazon:FMトランスミッタ

カテゴリー: モバイル, 製品, | タグ: , | コメントをどうぞ

三菱PHEVと日産圧縮比可変エンジンVC-T融合への期待


mitsubishi_phev_systemnissan_vc-t_engin

三菱はかつてGDIエンジンというリーンバーンエンジンを世に出しましたが、欠陥が多く失敗に終わりました。

マツダは優れた燃焼技術によりガソリンエンジンの燃費を大幅に向上させて売り上げを伸ばしているわけですが、三菱自においては燃焼技術の向上ではなく、PHEVシステムによってその弱点を補うという方式を選択しました。

発売されたアウトランダーPHEVは欧州で特に売り上げを伸ばしています。

そのアウトランダーPHEVですが、2018年に次期モデルのリリースを予定しています。三菱自にしては早いですよね。

次期型はバッテリー技術と制御技術の向上によって現行モデルの倍の120kmを電気だけで走れることを目標に開発を進めているようですが、エンジンそのものについては目立った手を入れず現行踏襲のようです。

そんな折に、日産がシリンダー内の容積を無段階で可変することで圧縮比を可変するエンジンを、今年の2016年パリモーターショーで世界初公開しました。

インフィニティ、パリモーターショーでVC-Tエンジン技術を 世界初公開

バッテリーチャージしているときや巡行時は14:1の高効率モードで、エンジンを駆動力に使っているときはパワーの要求に応じて14:1から8:1の高性能モードまでをマルチに変化させてという形で、出力の変更を燃料噴射量だけではなく圧縮比の変更も行えるという技術です。

エンジンのおいしい範囲が広がることが期待できますね。

三菱自の製品に取り込めれば、高効率エンジンが欲しい三菱自と、新エンジンの量産効果で早期にコストダウンを図りたい日産自の双方にメリットがある形になります。

もちろんPHEVに限らず、三菱自と日産自のラインナップは今後、双方のOEM供給によって展開していくことが予想されることから、それらに日産のVC-Tエンジンが数多く搭載されていくことになると思います。

適用車種の拡大にも期待がもてます。

ただ、今の自動車開発の流れは自動運転技術に向かっています。

バッテリーの技術開発も、たった1つのブレイクスルーでガソリンエンジンが一気に廃れる可能性もないわけではありません。

そういう意味ではもしかしたらこの技術が利益を生む期間は短いかもしれません。

だからこそ、一気に適用車種を増やして量産効果を得て手早く利益に繋げるスピード感が重要になると思っています。

三菱自と日産自には頑張ってほしいですね。

カテゴリー: | タグ: , , | コメントをどうぞ

スバルディーラーお客様感謝デイ オイル交換費用2007年 vs 2015年


Subaru_Logo

お客様感謝デーを狙ってスバルのディーラーでオイル交換するようにしているのですが、以前より価格が随分高くなったなあと感じました。

実際どうなのか、一番古い納品書を引っ張り出してみました。

2007年当時の価格


スバルディーラーオイル交換代2007年8月

スバルディーラーオイル交換代2007年8月

2015年の価格


スバルディーラーオイル交換代2015年4月

スバルディーラーオイル交換代2015年4月

随分値上げしていますね。

2015年は特別価格と書いてある通り、お客様感謝デーを狙ってお願いしたときのものなのです。

参考までにWTIの原油価格チャートを貼っておきます。

WTI原油先物 月足チャート(2007~2016)

WTI原油先物 月足チャート(2007~2016)

http://chartpark.com/wti.html

以前は自動車用品店で交換するよりお得感があったのでディーラーを利用していたのですが、今の価格は無駄に高いですね。。

因みに近所にオートアールズ(ベイシアグループのカー用品店で関東から東北にかけて展開)であればプライベートブランドで1,000円台から数多くの品ぞろえがされていました。

工賃は500円なのでディーラーと同じですね。プライベートブランドですが有名メーカーからOEM供給されている品ですし、レースでもやらない限り気にしなくとも大差ありません。

ただでさえかかる車の維持費。賢く節約したいですね。

amazon: エンジンオイル・オイルフィルター

GooPit(グーピット)エンジンオイル交換比較

カテゴリー: お店, | タグ: , | コメントをどうぞ

ソール張替の見積もりとLOWA(ローバー) TICAM2 GTX WXLの使用感


lowa_logo

登山を始めてから約7年、最初に買った登山靴のアウトソールが両足一度に剥がれてしまいました。

アウトソールが剥がれたAKU

ベロって感じです。

普通5年を張替えの目安にしてますし、両足一度になので典型的な経年劣化ですね。圧着型の宿命です。

修理の見積もりに


さて、最初に考えるのが修理だと思いますが、買った石井スポーツに幾らぐらい費用がかかるのか持参して聞いてみたところ、ソール張替えに約16,000円+外周のゴム(ラバーランドと呼ぶらしい)の張替えに約6,000円、計22,000円ぐらいとのこと。

22,000円出したらそこそこの登山靴が買えちゃいますよねーこの靴だって確か36,000円ぐらいだったかな?(曖昧)張替後の耐久性を考えると見合わないコストです。

一応石井スポーツの登山靴修理の案内ページがあったのでリンク貼っておきますね。価格表も載ってるので参考になるかと思います。

http://www.ici-sports.com/service/yamagutsu.html

それから石井スポーツ以外でも登山靴修理を安く受けてくれるところはないかなと検索してみたところ、とても良さげな工房を見つけました。

ナカダ商会 『靴修理大好き工房』さんです。

http://www.shoes-doctor.com/

登山靴メーカーからの修理も請け負っているそうなので信頼性は高いと思いますよ。

写真を撮ってメールで送るだけで見積もりを返してくれます。流れはHPに分かりやすく書いてあるので見てみてください。私の靴を見積もってもらったところ、13,500円(税別)でした。

靴は郵送で送って送り返してもらう形ですが、持ち込みも可だと思われます。

石井スポーツに比べたらだいぶ安いですよね、ラバーランドを含めてでソールも厚みのあるビブラムソールへの張替えを希望しての価格です。

じゃあ修理をお願いしたのかと言いますと、次登る予定も決まっていて修理に要する数週間を待つ余裕も無かったので、見積もりが返って来る前にこれから紹介する新しい靴を買ってしまいました。

13,500円をかけて修理したとしてこの靴を使う機会はあるのだろうかとも考えてしまい、現在保留にしています。工房さんゴメンナサイ。

新しい靴を買いに


お店は神保町にある『さかいやスポーツシューズ館』にしました。沢山の品揃えの中から色々ちゃんと教えてもらいながら買いたかったからです。加えてもともと気になってたLOWAを店頭で扱っていることを確認したためです。

さかいやスポーツシューズ館入口

さかいやスポーツシューズ館入口

http://www.sakaiya.com/wp/shopinfo/shoes

『LOWA タホー プロ GTX WXL』とずっと迷って試し履きを繰り返し店員さんとじっくり会話しながら決めたのがタイトルに書いた『LOWA TICAM2 GTX WXL』です。

LOWAはドイツのメーカーですね、最近評価が高いようです。

dsc_2361

LOWA TICAM2 GTX WXL

タホープロは履いた時のふんわり感がとても心地よくて、足幅の広い自分の足には最適なのではと思えたのですが、逆にゆったりしすぎて靴の中で足が動く怖さがありました。

この靴はタホープロに比べるとだいぶタイトな締め付け感があります。元々履いていたAKUやその他の試し履きしていたタイトなものとの締め付け感が似ていて、比較するとこれはつま先に遊びがある感じです。

アウトソールのかかと部分のミッドソールを側面から押してみると、中空になっているような感触もありました。

中がバルーン状になっているのかもしれません。踵や膝への衝撃を和らげてくれそうです。

足首のパットは肉厚でコシがあって尚且つ柔らかい。そして中をなぞってみると引っかかるような折り目や当たる段差のようなものが一切ないのが素晴らしいです。

LOWA TICAM2 GTX WXLインナー

LOWA TICAM2 GTX WXLインナー

細かいところの特徴を挙げると、下の写真の指先にあるフックは可動式となっており、指で開いてあげると緩んで指を放すと紐を固定するというギミックになっています。

つま先側から絞めていって、ここで一旦固定してさらに足首から上を絞め上げていきます。

LOWA TICAM2 GTX WXL紐が固定できるフック

LOWA TICAM2 GTX WXL紐が固定できるフック

D環(と言っていいのかな)には下の写真の通り金属ボールが入っていて、足の屈曲に合わせて上の写真の固定フックからつま先にかけての紐が遊べる仕組みになっているのも大きな特徴です。

LOWA TICAM2 GTX WXL D環

LOWA TICAM2 GTX WXL D環

LOWA TICAM2 GTX WXLベロを固定するピン

LOWA TICAM2 GTX WXベロ部のピン金具

更にピントが合ってなくてボケボケですが、ベロには金具がついており、ここに紐を絡めるとベロが固定できるという優れもの。LOWAは殆どの製品で付いているのかな?

アッパーはヌバックレザーでベロと一体化した袋状になっているので、くるぶしから上程度の水たまりや流れに足を落としても水が入ってきませんし、汚れも付きにくく落としやすい点も良いです。

ドイツ人の合理性といいますか、色々考えられている登山靴です。

ということで、最初は軽く尾瀬の燧ケ岳で試し履きをする形になりました。

インソールは標準のものからAKUにも使っていたスーパーフィートオレンジをそのまま使っています。

その結果の印象ですが、AKUに比べてクッション性が高く足の痛みは大分減り、すり減ったビブラムソールに比べて当たり前ですがグリップが効いてて安心感がありました。

重くない(軽いくらい)ですし、くるぶしやかかとに当たるところはなく快適だったのですが、後半つま先が全体的に痛み出しました。

これはつま先まで固定されるAKUには無かった状況です。試し履きの時につま先に遊びがある点は気になっていましたが、そのおかげで擦れていたのでしょう。

靴を脱いだところ両親指の付け根(母指球の上部)が靴擦れしていました。店員さんに教えられた通り紐はつま先から絞めていたのですがこの靴の型を崩すほど締め上げるわけにはいかないので仕方ありません。

今後はつま先だけ覆ってくれるような靴下を重ね履きするか、母指球にあらかじめテーピングをして摩擦を防ぐといった対策が必要そうです。それとももしかしたらインソールのつま先部分の数mmの厚みが余計だったのかもしれません。

LOWA TICAM2 GTX WXLとスーパーフィートオレンジ

LOWA TICAM2 GTX WXLとスーパーフィートオレンジ

なんにせよ満足感は高いです。価格は定価で39,000円(税別)しますが、その価格に見合った長く使える靴だと思います。

張替可とのことなので安心感はありますが、5~6年後の張替え時期が来たとき自分がどういう選択をするのかは分かりませんけどね笑

LOWA(ローバー) ティカム2 GTX WXL

LOWA(ローバー) タホー プロ GTX WXL

SUPER feet (スーパーフィート) プレミアムインソール ORANGE

カテゴリー: 登山, 製品, 健康・スポーツ, 未分類 | タグ: , , | コメントをどうぞ

三菱自はスバル富士重工と資本提携の道を探れ


今回ばかりは三菱グループから「もう助けられん」と匙を投げられていると噂される三菱自動車。
シャープに引き続き、中国に身売りするのではという物騒な話まで聞こえてくる。

中国は勘弁してほしい。

米テスラやApple、Googleも興味があるのでは、という噂もあるがどうなのだろう。

もし真剣にその方向で話を進めていくのであれば、私個人としては助けを求める先は国内企業であってほしいと願っている。

真っ先に思いつくのは私の愛車フォレスターの産みの親である富士重工。
クルマづくりの確かさと経営の真面目さにかけてはピカイチである。

どうだろう、
富士重工と資本提携を結んで経営権の一部を富士重工に売り、PHEV技術を提供する代わりにスバルの安全技術(アイサイト)を供給してもらう技術提携の関係は築けないだろうか。

三菱の各販売系列は希望すればスバル車をスバルブランドのまま販売(スバルが許せばOEM供給の形でも)するといった形で販売系列各社も救うことは出来ないだろうか。

スバルは北米中心に販売網を強化していて北米向け国内向け共に玉不足状態にあるが、三菱自の生産拠点をスバル車製造に充てて生産力増強に繋げられないだろうか。

併せて三菱自のアジア圏の販売網を使ってスバル車の販売網の拡大を図れないだろうか。。

問題は富士重工の吉永社長以下経営陣がこれらを望むかどうか。
堅実な彼は無暗な拡大を望んでいない。
けれどもインプレッサ vs ランエボと競い合ったかつてのライバルが朽ちていくことを吉永社長は望んでいるのだろうか。。

マツダのような極めて優れた燃焼技術を持っていない三菱自と富士重工。
三菱自はPHEVを適用できない軽自動車部門を日産に売却し、PHEVを全車種展開といった選択と集中を進める決断はできないだろうか。

私は経営について全くのど素人。
ど素人が夢見てるんじゃねえよと言われるかもしれないけど、、

けれど、私には双方にメリットがあるように思えてならない。
そして、手を結ぶことで生まれるであろう製品が、とてつもなく魅力的なものになるはずだと期待してしまう。

三菱自には益子会長の辞任を求めたい。
これは個人的にも確実にやっていただきたい。

相川社長は続投してこの状況を引き続き責任を以て建て直しする仕事を担ってほしい。

頑張れ相川社長!
お願い吉永社長!

カテゴリー: 雑記帳, 製品, | タグ: , , , , | 3件のコメント