回線キャリア依存からの脱却 ~MNPし易い環境を作る


au_logo softbank-logo NTT_DoCoMo

回線キャリアは、顧客ができるだけMNPしにくくなるようなサービス設計を行い、囲い込みを図っています。

例えばこんなサービスですね。

・同一キャリアの利用で家族間通話無料
・パケット定額で複数年縛り
・通話基本料割引で複数年縛り
・回線キャリアが提供する災害時の伝言板サービスへの登録

加えて、上記のようなサービスを利用しなくとも、MNPを面倒にさせている要素がいくつかあります。

・回線キャリアドメインのメールアドレスの変更通知が面倒
・内部メモリに保存している各種データの引っ越しが面倒(写真、動画、メモ、電話帳、カレンダー(スケジュール)など)
・メール受信ボックスのメールデータの移行が出来ない

ここでは、
上記を踏まえてキャリア移行し易い環境を作る為に、
”なにを考慮しておくとMNPし易くなるか”
を纏めたいと思います。

この考慮することで、欲しい端末を求めてのキャリア移転が容易になりますし、端末購入時のMNP優待を得る機会も増大します。

なお、これは端末とアプリケーションの結合度が密である、いわゆるガラケーでは使えない方法です。
スマホに限定した方法であることをお断りしておきます。
そして、多少面倒であることもお断りしておきます。

お勧めする策は以下です。

・通話はインターネット電話(VoIP)を利用する
LINEやSkype、COMM等々、数多くアプリはリリースされているので、これを利用することでどのキャリアかを意識する必要がなくなり、家族間・同一キャリア間通話無料サービスへの契約が不要になります。

・インターネット接続はモバイルルータを使用する
EMOBILEやUQ WIMAXなどとモバイルルータを別途契約し、回線キャリアのパケット定額プランは解約、スマホのモバイルデータ通信を無効化して、スマホからはWiFi接続のみにします。
モバイルルータの契約に複数年縛りされることになるかと思いますが、スマホ自体のMNPへの阻害要因は無くなります。

・キャリアメールではなくフリーメールを使用する
docomo.ne.jpやezweb.ne.jpではなく、gmail.comやyahoo.co.jp、hotmail.comを利用し、キャリアのメールボックスを使用しないようにします。
スマホになったからこそ選べるようになった選択肢ですね。

・電話帳はgoogleアカウントに同期する
これができるのはAndroidのみになるのかな。電話帳を自分のgoogleアカウントに持たせてスマホローカルへの保存をやめます

・スケジュール(カレンダー)はgoogleカレンダーを利用する
googleカレンダーと同期できるスケジュールアプリはいくつかあるので、それを利用します。
(メジャーどころだと「ジョルテ」とかですね)

・メモはevernoteなどのクラウドサービスで
メモ帳も端末ローカルに保存せず、クラウドサービスを利用することで移行を容易にできます。

とにかくデータは端末ローカルに保存しないことです。
但し、なんでもクラウドに保存すればいいのかというとそうではなくて、回線キャリアが提供するクラウドサービスを利用したのでは意味がありません。
回線キャリアがアプリとして提供している下記の様なサービスを利用すれば、回線キャリアの縛り要素を増やすだけで逆効果ですので気を付けてください。

・電話帳を回線キャリアが提供するクラウドに登録させるアプリ
・カレンダーを(以下同文
・バックアップデータを(以下同文

これらアプリは囲い込みを目的として開発したものですので、同一キャリア内での機種変更の際は手間を減らすツールになりはしますが、MNPし易さを損なうことになります。

さて、このような対応をすることで、以下の様なメリット・デメリットが生じます。

メリット
・欲しい端末への買い替えがしやすい
・キャリア移転すれば端末が安く買える
・データがクラウド上にあるためPCと共有できる
・迷惑メール対策が回線キャリアより精度が高くメンテナンスフリー

デメリット
・安い通話プランを選ぼうとすると2年縛りだったりする
・回線キャリア以外のサービスに依存することになる
・セキュリティポリシーはサービス提供元各社で異なる
・サービスごとにパスワード管理が必要になる
・モバイルルータを提供する回線キャリアにおいて1~2年縛りされる
・通話をVoIPに移行した場合、通話エリア=パケット通信エリアとなる

一見してデメリットの方が多いように見えますよね・・^^;

回線キャリアのサービス依存から脱却できるわけですが、クラウドサービスプロバイダへの依存度は増すことになるわけですから、ご注意を。
つまり回線キャリアに依存していた状態をgoogleほかのサービスへの依存に移し替えたに過ぎません。

個人情報保護への意識はgoogleより国内キャリアの方が慎重であることは間違いありません。
便利さとリスクとのトレードオフになるわけですから、どちらのリスクを取るかはご自身で判断してください。

以上です。

広告
カテゴリー: モバイル タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中