三菱アウトランダーPHEVをディーラーにて初試乗した印象(関東三菱自動車川越店にて)


mitubishi motors logo
アウトランダーPHEVの試乗車が入ってきたとディーラーから連絡があったので関東三菱自動車 川越店に行って来ました。

ここでは主に試乗したときの第一印象をまとめてみたいと思います。

尚、サーキット走行会ではないので急加速や急減速、急ハンドルなど急とつく運転はさすがにしておらず、大人しく走った状態での印象です。
あしからず。

それから私はいまスバルフォレスタークロススポーツ(SG5)のMTに乗っています。
AT車は業務で乗ったことはあっても個人用に購入したことはありません。

理由はやはりアクセルの開度と加速のズレ、滑る感じが感覚的に受け入れられなかったからです。
CVTは大嫌いな人です。

それを踏まえての印象とご理解ください。

————————————————————————————–

店舗の外まで出てきて迎えていただいたのは「店長」とキラキラしたタスキを掛けた文字通り店長さんでした。
すごいですねタスキ、と言うと誕生月だということで張り切っているそうです。
ノリはジャパネットたかたの社長ですね。

試乗車はボディカラーブラックマイカのPHEV G-Navi Packege
三菱アウトランダーPHEV G-NaviPackage
スマホで撮った写真なので写りの悪さはご勘弁を。。

聞いたところによると試乗車は店舗側で仕様を指定出来るわけではなく、本社から割り当てられたものを店舗間でローテーションしているそうです。
ですので、タイミングによってはこの間あったものがいざ行ってみたら無かった、ということもあるそうなので、
試乗を希望される方は事前に電話で確認したほうがいいと思います。
三菱アウトランダーPHEV G-NaviPackageエンブレム
三菱アウトランダーPHEV G-NaviPackage充電口
外観を眺めながら説明いただき、試乗させてもらいました。

まず、運転席ドアを開けると、ドアはそこそこの重さを持っていて比較的どっしり感があります。
三菱アウトランダーPHEV G-NaviPackage ハンドル周り
シートに座ってハンドルを握った感じはMOMO製ほどでないものの、それなりに手に馴染む感じ。

ただシートは少々肉薄な印象。
これはガソリンモデルに座った時と同じです。
バッテリー積載分を軽量化する必要性から肉を削った部分ですが、長距離ドライブしたときこれがどういう印象になるか気になるところです。

シートの表皮は合皮とファブリックを縫い合わせたものですが、合皮の質感がちょっとイマイチかな。

ただ、内装は一見して全体的にかなり上質になっています。
ソフトパッドを用いているところがその質感に大きく貢献していると思うのですが、
それに加えて樹脂パーツを型抜きしてそのままあしらっている部分が少なく、
主に目に付く面に置いている樹脂パーツはいずれも何がしかの表面処理を施していることも大きく寄与しているとおもいます。

さて、エンジン・・・じゃなくて電源ONはハンドルの左側にあるLED付きパワーボタンをポンと押すとオレンジ色に点灯しACC ON。
もう一度押すとLEDはブルーに変わり、機関始動状態に変わります。
(ブレーキを踏みながらプッシュすると一発でブルーになるそうです。)
三菱アウトランダーPHEV G-NaviPackageメーター
左側のタコメーターがあるべき場所にはエコメーター(?)があります。
このメータの読み方は説明書を読まないと分からないですね。ちょっと安っぽい感じ。

ブレーキを踏んでセレクトレバーをDにスイッチし、ブレーキを緩めるとゆるゆると前進。
これはATと全く同じですね。

そして駐車場から道路へ出るときの段差越えだけでもうボディーの剛性感が伝わります。
足は段差を柔らかすぎず固すぎず温和な音で乗り越え、ボディがヨレる感じは一切なく軋みは一切ありません。

店舗周辺をぐるりと試乗させて貰ったんですが、感じるのは重厚感です。
車重があるのでその重さからくるどっしり感はそうなんでしょうが、ボディの塊感が強いです。

そのボディにモーターの継ぎ目無い静かな加速がセットになり予想以上に乗り味が上質なことに驚きました。

加えてEVによくあるキーンという高いインバータ音が聞こえないのも好印象です。

車重が1.8t 、大人二人を載せて1.9t あるので、アクセルやブレーキ、ハンドルの動きに対して鈍重な印象は多少あるだろうと思ってたのですが、
重さは安定感を感じさせはするもののダルさは感じさせませんでした。

私「エンジンを回したいのですが。」

と聞くとアクセルを強めに踏めばアシストが入りますということだったので、強めに踏んでみましたが掛かりません。

店長さん「その程度では掛かりませんのでもっと強く踏んでください。」

結構踏まないとほとんどモーターのみで走るようです。

アクセルを強く踏んでも掛かったかどうか気づきませんでした。始動のショックは全くありません。
エンジン音は停車して初めて回ってることが分かりました。
静かです。
エンジンの音質はブルブルというものではなくスルスルスルスル・・・という目立たないものです。

ここは個人的にもどんな印象なのか気になっていたので確認できて良かったです。

因みにエンジンがバッテリ充電中か、駆動をアシストしているかはメーターの真ん中にあるディスプレイの表示で確認できます。
ただ、エンジンが何回転回っているのかは読み取れません。
エコメーターの開いた場所にクロノグラフみたいにタコメーターを付けてくれると個人的には嬉しいのですが^^;

加速はATやCVTのようなもたつきはあまり無く、日産リーフに重厚感が加わった感じでリニアに加速していきます。
アクセル開度とほぼ同期してるので感覚とズレがありません。

フォレスターのMTターボは低速トルクが薄いので、クラッチで直結しているダイレクト感はあれど低回転でのかったるさは否めません。
勿論、1速2速で引っ張ればバカみたいに加速するのでそのセレクトが運転の楽しさの要素であったりもするのですが、
このPHEVの加速はちがう性質のダイレクト感ですね。
低速からもたつきが無く優しいジェットコースターのように楽しい加速感です。

回生ブレーキもパドルシフトで小刻みに強度を変えられます。
左側のパドルを何度かクリックして強度を上げていくと段々と結構な強度で効いてくれます。

これも2段しか無いATのエンジンブレーキの制御のしにくさが苦手だった自分にとっては魅力的な操作性です。

とにかく、MTに乗ってる自分としてはこのドライブの違和感の無さがかなり好印象でした。

あとはちょっとオーバースピード気味でのハンドリングとか急な運転をした時のレスポンス、それからe-Assistの具合を確認してみたいですね。
店長さんはランエボ5のMTに乗ってるという走り好きな方なんですが、PHEVのサーキット走行会ではかなり楽しい車で興奮しました!と熱く語ってました。

レンタカーを一日借りて使用感を確認してみたいですね。
どこかのレンタカーショップで扱ってくれないかな。。
—- 2013/2/10追記 —-
レンタカー情報ありました。
三菱アウトランダーPHEVのレンタカー取扱店情報
—-

ディーラーに戻ってドアを閉めた時も密閉感があり、音はバンと振動するようなものではなくバフッと車内の空気を溢れさせる感じでした。
三菱アウトランダーPHEV G-NaviPackageリアビュー

これは、、魅力的です。(^m^)

蛇足ですが気になる点はエアコンの性能問題と駆動用電池の劣化でしょうか。

ちょっと試乗の印象というこの記事の主旨から外れるのですが、
エアコンには正直課題があると言わざるを得ません。

標準エアコンはエンジンの廃熱を利用した通常の方式なのですが、
EVモードで走行する機会の多いPHEVはエンジンを常時回転させているわけではないので室内空間の加温能力に不足があります。
そのためエアコンをONにするとエンジンは常時回転する仕様になっています。

なので、EVモード走行がウリの車でエアコンを点けると常時エンジン稼働状態になっちゃうわけですね。

この加温能力不足とエンジン常時稼働を抑えるために、オプションの電気温水式ヒータを付加することがメーカーから推奨されているというわけです。
メーカーから念押しされているようで、営業さんは勧めざるを得ない状況となっています。

オプションの金額は10数万と安くないのでこれはちょっと残念な部分ですね。

一方、駆動用電池の10年で2割劣化は好成績のように聞こえますが体感では恐らくそれ以上の劣化を感じさせるとおもいます。

電池は5年10万km保証です。
ただ、5年10万kmまで電池がどういった状態にあることを保証してくれるのかは明らかにされていません。

電池はこの車の満足度を支える大きな要素です。
今後も電池は急速に進化し続けると思いますが、今これを買うことのリスクを減らす意味でも、将来高密度・軽量・安全な高性能電池が市販化された際は比較的少ない負担で電池のチューンアップが出来るといった見込みが加わると、この車の魅力は格段に上がって購入への抵抗感は無くなると思います。

苦言を呈して後味が悪くなってしまいましたが、何れも肝心なところではありますが重箱の隅をつつくような話しで、総じてよくできていると思います。

EVとエンジンのイイトコどりをして、ユーザーが気にするであろう要素には工夫を重ねて処置を施し理詰めで造っている開発陣の熱意を感じます。
自信を持ってアピール出来るモノがリリースされたことでモチベーションを上げている営業の熱心さも伝わりました。

気になっている方はぜひご自身で試乗してください。
この車は試乗しなければわかりません。

店長さん、営業Uさんありがとうございました。

関東三菱自動車株式会社 川越店(ブログ)
http://www.kanto-mitsubishi-motor-sales.com/tenpo/HR/

アウトランダーPHEV主要諸元.pdf

三菱アウトランダーPHEV スペシャルサイト
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander/special/new2012/main.html?type=phev

広告
カテゴリー: 製品, タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中