Anker ROAV Bluetooth FMトランスミッター(BESTEKからの乗り換え・F0とF2の比較)


Anker ROAV Bluetooth FM Transmitter外箱

2016年に購入したBESTEK BTBC06Sが1年前くらいからUSBコネクタ2本挿し充電で熱暴走落ちを繰り返すようになり、最近はBluetooth接続も数秒保たずにつながっては落ちるを繰り返すようになってきたので、買い替えを検討することにしました。

最初ケーズデンキの店頭で物色していたのですがこれというものがなく、ネットで探してみたところ、Ankerから良さげな商品が発売されているのを知りました。

F0とF2の2種あり、それぞれ比較すると以下になります。

F0F2
USBポート15V/2.4A(PowerIQ)5V/2.4A(PowerIQ)
USBポート25V/2.4A(PowerIQ)5V/1.5A
AUXライン出力
バッテリーモニターN/A
カーファインダー機能N/A
ハンズフリー通話
Bluetooth4.24.2
Bluetooth接続範囲10m10m
FM周波数範囲78-90MHz78-90MHz
FM送信可能距離2m/78.7inch2m/78.7inch
USBメモリ内音楽再生N/A
USBファイルシステムN/AFAT,FAT32,exFAT
USBオーディオフォーマットN/Amp3,wma,flac,wav
RoavChargerアプリ利用N/A
価格2,499円(税込)2,999円(税込)
Anker Roav FM Transmitter F0 / F2 比較表

Anker Roav FM Transmitter F0

Anker Roav FM Transmitter F2

私はハンズフリー通話やアプリを入れてまでカーファインダーやバッテリーモニターを使うつもりも、スマホ内の音楽ファイルをUSBケーブル経由で再生する使い方もするつもりもありませんでしたので、迷わずPowerIQを2ポート使えるF0を選択しています。

仕事帰りにAnker製品を店頭販売しているビックカメラで買って帰れたら早いと思って問い合わせてみたのですが、全店舗この商品については展示も店頭販売もしていないとのことでした。

ですのでネットでの購入です。

箱から取り出しての第一印象は「思ったより小さいな」でした。自分のクルマのシガーソケットにすこし縦長なF2は干渉するのではという心配もしていたのですが、この大きさであれば全く問題ありませんでした。質感も他社製品に比べてダントツでしょう。

ということで仕事帰りの夜、クルマのアクセサリー電源ONしてシガーソケットに挿し、BESTEKではFM76.0を使っていたのですがこの商品はデフォルトでFM90.0を点滅していたのでオーディオ側をそれに合わせてスマホとBluetooth接続完了。何も躓くことなくリンクできました。

ただアレ?っと思ったことが一点。

BESTEKではリンクすると「サー・・・」とスピーカーからノイズ音が聞こえていたのですが(新品のときから)、これはそれが一切なく無音だったこと。リンクしたことを知らせるBeep音は聞こえていたので問題なく繋がっていることは分かっているのですが、これだけでちょっと感動しました。品質の良さはさすがAnkerですね。

で、静かな夜の車内で普段聞いている音楽ファイルを再生してみるとまたびっくり・・・どっしりした低音域から豊かな中音域、そして高音域の繊細さ、ステレオ再生の臨場感にまた感動。

あれこの音源こんないい音だったんだ・・・

BESTEKではクルマ側のオーディオボリュームを普段のラジオを聴いているときより大きくしないと聞こえなかったのですが、これはそんな気遣いも要りません。

いい買い物しました。今まで以上にドライブが楽しくなりそうです。

Bluetooth接続のFMトランスミッターをお探しの方、これ一択だと思います。

オススメします。

カテゴリー: android, 製品, | タグ: , , , | コメントをどうぞ

【DIY】カーポートの解体・撤去(1台分標準サイズ)


撤去作業前

古くなったカーポートを建て替えるにあたって、解体・撤去費用を浮かすため業者に頼まず自分と父の二人でやってみることにしました。一応事前に部材の固定のされかたを一通り確認し、段取りをイメージしてやれると判断しての着手です。

解体の手順は製品によって変わりますし、モノが古いですので参考になるか分かりませんが、イメージさえ伝わればご自身でやれるやれないの判断と段取りはイメージできるようになると思いますので、ざっくりと写真付きで撤去の流れをまとめてみたいと思います。

ちなみに地面は土です。それから3本足です。1人での作業は結果的にやれないことはないと思いますが、基礎部分の掘り起こしはそれなりの力仕事ですし土木作業に自信がない方は安全のためにも業者に依頼するなり男手2人での作業をするなりご判断ください。

言うまでもないことですが、ご自身で行って怪我をされたとしても自己責任ですので、そこはご承知おきください。

今回私たちが使った道具・小物は以下です。

  • 標準サイズのプラスドライバー(本体解体用)
  • スパナ(本体解体用)
  • シャベル(基礎掘り起こし用)
  • エンピ(基礎掘り起こし用)
  • 長尺の鉄ハンマー(基礎コンクリート斫り用)
  • コメの30kg紙袋3枚(破砕したポリカーボネート天板の処分用)
  • 足場台
  • ネジやボルトを放り込むバケツ
  • 軍手

まず着手するのは屋根の分解です。

一番手前のポリカーボネート天板を押さえているアルミの薄いふき押さえ板を、プラスドライバーで外していきます。以降の屋根の解体についてはすべてプラスドライバーのみで作業をすすめることができました。

1枚外せたら、続いてその下に隠れていたプラスネジを外し、側板を外します。

側板が外せれば、ポリカーボネートの天板1枚目はその側面からひっぱって引きずり降ろせます。(古くて劣化していたのでバリバリと割れました)

続いて↑の写真で父が掴んでいる細いフレームを外します。

はい、あとはこの要領で次へ次へと繰り返していけば、ポリカーボネート天板はすべて撤去できます。

ポリカーボネート天板をすべて降ろし終えた状態

続いて3本支柱を横渡ししている部材を外します。これもプラスドライバーです。

支柱3本が残った状態

支柱を残すのみとなりました。これ以降はスパナを使っていきます。一番応力がかかる部分には鉄材が使用されていました。

プラスチックのカバーを外すと鉄骨が露出しました。

作業をしていて気づいたのは、ボルトが1本抜け落ちていたことと、どのボルトもユルユルだったこと。長年の風雪でボルトが緩んでいたんですね。なのでカーポートは数年に一度はボルトの緩みの点検と増し締めすることをオススメします。

と、いうことでドライバーとスパナで分解できるものを全て外しきって残ったものがコチラ。

以降は支柱を基礎ごと掘り出す作業になります。(ここまで約2時間程度)

基礎はカーポートの大きさにも依りますが、だいたい50〜60cmは埋まっているようです。シャベルに加えてエンピがあったおかげで周り堀りをそれほどせずに掘り出すことができました。

3本掘り出し、支柱についた基礎コンクリートは長尺の鉄ハンマーで斫りました。コンクリ片が飛び散るので目に入らないように気をつけてください。

穴を土で埋め、アルミ材は鉄くず買取業者に持ち込むためにゴム部品をすべて外し、ポリカーボネートはブルーシートを敷いた上でハンマーと手斧で砕いてコメの紙袋に収めて危険物として処分することにします。

コンクリガラは父の知り合いの業者に引き取ってもらいます。

午後から作業を始めてこの頃には日が暮れていました。もし1人だったら1日では終わらなかったでしょうね。それから2本足のカーポートだったらもう少し早く終わったことでしょう。

なんにしても、これで新しいカーポート設置にかかる費用を大幅に節約することができました。ご参考ください。

Amazon カーポート・車庫


カテゴリー: DIY | タグ: , , | コメントをどうぞ

丸広百貨店川越店屋上遊園地 存続の署名 ご協力願い


丸広百貨店川越店耐震工事に伴い2019年9月1日を以て閉園すると発表されています。

屋上遊園地閉園に 丸広百貨店川越店 耐震化工事で (毎日新聞)
https://mainichi.jp/articles/20190428/k00/00m/040/029000c

丸広百貨店川越店耐震工事に伴い2019年9月1日を以て閉園すると発表されています。

ですが私は
「そうなんですね、残念ですけど仕方ないですね・・」
などと言いたくありません。

皆さんご存知の通り、百貨店屋上遊園地の存在は、
蒲田と川越の二か所を残すのみとなっています。

古くなったから要らない、
収益が出てないし再建するにもコストが掛かるのでこの機会に撤去しましょう、、
営利企業としてはそうなのかもしれません。

設備をリニューアルし、整備し、
日々維持していくことは大変なことだったと思います。

これまで存続してきただけでも充分努力されてきた結果なのかもしれません。
もう充分でしょ、と言われてしまうかもしれません。

ですが、
わんぱくランドを失うことは
川越の重要な観光資源の一つを失うことになると考えます。

わんぱくランドは小江戸川越の情緒性に一役買う昭和レトロスポットであり、
貴重な文化財といっても過言ではありません。

もはや”コスト”を理由に失くしていいものではない存在であると思っています。

なのでせめて署名活動をするという悪あがきをすることにしました。

署名が集まるようでしたら川越市長にも陳情したいと考えています。
よろしければご協力ください。

http://chng.it/gCZ4bypgby

Change.org – 丸広百貨店川越店屋上遊園地を存続させたい!

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | 1件のコメント

第58回農業機械大展示会inむさしの村は2019年1月26・27日


恒例のJAさいたま主催の農業機械大展示会は2019年も開催されます。

場所はいつもの「むさしの村」

http://www.st.zennoh.or.jp/PDF/topics_nouki1812.pdf

会場の様子は以下をご覧ください。
https://manitaninforest.wordpress.com/2013/01/28/jaグループ埼玉-第52回農業機会大展示会ギャラリー/

一般の人も自由に入場できますのでお気軽に。

今回は下町ロケットの影響で農業関係者以外にもすこし興味をもたれた方が増えたりするのでしょうか。

ITの要素やドローンや各種センサーを絡めたIoTや自動化の要素も年を追うごとに増しているので、そういった分野で関心をお持ちなかたも、実際に農業に携わる方たちと情報交換するきっかけになると思いますよ。

JA全農さいたま

http://www.st.zennoh.or.jp/index2.html

Amazonへジャンプ: 中古農業機械

Amazonへジャンプ: DIY・工具・ガーデンストア

カテゴリー: イベント, 農業, IT | タグ: , , , , | コメントをどうぞ

三菱PHEVプラットフォームへの期待


mitubishi motors logo

mitsubishi_phev_system

アウトランダーPHEV 2019年モデルの発売


アウトランダーPHEV 2019年モデルが8月発売されましたね。

ニュースリリース(2018年08月23日)プラグインハイブリッドEV『アウトランダーPHEV』を大幅改良

PHEVシステムと足回りのS-AWCに新たなモードを加えた大幅アップデートです。

2016年に若干不評であったエクステリアデザインを大幅改良し、今回は基幹となるシステムに大きな手を入れてきました。

アウトランダーPHEVは2018年上半期の国内販売実績を見る限り、2,595台 : 前年比 97.4%ということで、ミニバンのデリカD:5(7,233台 : 前年比 107.4%)、新型コンパクトSUVのエクリプスクロス(7,777台)、軽自動車のeKワゴン・eKカスタム(17,472台 : 前年比 123.3%)などに比べるとガソリンモデルのアウトランダー(1,250台 : 前年比 85.6%)を加えたとしても、販売実績に力があるとは言えないものです。

三菱自動車 2018年6月単月、18年上半期 生産・販売・輸出実績

一方、欧州に目を向けたときアウトランダーPHEVが極めて好調かと思いきや、2016年度ベースではありますが、オランダ等での税制変更の影響等で前年度比13%減と販売数を減らしており、北米や中国への展開を見据えて商品としてのテコ入れが必要な状況でした。

アニュアルレポート2017年 ※10.地域別営業概況 参照

今回のシステム刷新は、そういう背景があって約2年という短期で仕上げてきたものと理解しています。

ネガティブな入り方をしましたが、今回の基幹システム改良は、商品としての魅力度を大幅に向上させたことはもちろん、三菱の真面目なクルマづくりをアピールするに相応しいモデルに仕上がったと感じています。

エンジニアや広報、ディーラー各社など、各員のモチベーションを維持・向上させるという意味においても重要な価値をもつプロジェクトだったのではないでしょうか。

中期経営計画と今後のアウトランダーPHEV


2017年10月に発表された電動化戦略について、アウトランダーPHEVを中心に振り返ってみたいと思います。

プレゼン資料には、以下の通り2013年の初代モデルと2015年のエクステリア改良モデルがポイントとして置かれています。

そして2020年以降として次世代アウトランダーPHEVが計画されています。

三菱自動車中期経営計画_電動化戦略201710

三菱自動車中期経営計画(2017年10月18日)

2016年から開発着手していた2019年モデルは、この時点で公にされていませんでした。

中期経営計画発表から4か月後の年を跨いだ2018年2月、ジュネーブ国際モーターショーで2019年モデルが発表されました。

『アウトランダーPHEV』の2019年モデルを世界初披露(2018年2月20日)

さて、この2019年モデルは、2020以降に計画されていた次世代アウトランダーPHEVの前倒し展開というべきものだったのでしょうか。

システムの約9割に手を入れ、エンジニアの方々は中身に関してはほぼフルモデルチェンジクラスだと胸を張っています。次世代モデルがこの2019年モデルだということもできるかもしれません。

ですが、一方で2016年のパリモーターショーにおいて、GT-PHEVコンセプトを発表しています。

MITSUBISHI GT-PHEV Concept 概要(2016年パリモーターショー)

コンセプトの概要として注目すべき点は以下であり、今回の2019年大幅改良モデルは2020年以降の次世代アウトランダーPHEVと別物であることがわかります。

  • EV走行距離120kmを謳ったグランドツーリングカーの位置づけであること
  • 次期パジェロを意識したGC-PHEVを踏まえると、サイズ感からして次期アウトランダーPHEVを見据えたものであること

次世代のアウトランダーPHEV 202X、個人的にも大きな期待を寄せています。

何がよいってデザインがとにかく秀逸ですよね。

スクエアでありソリッドであり、野暮ったさがなく、内装のデザインもそうですが、なにより室内空間が広そうなところが大きな魅力です。2年前に発表されたものであるにも関わらず、古さを感じさせません。

これまでの三菱自にはなかった恐ろしく洗練されたデザインだと思います。

(e-EVOは個人的には幼稚で野暮ったく見えてます)

デリカPHEVがリリースされないのであれば、今のところ私の購入候補のNo.1です。

202X年と言わず、2020年中のスピード感で早くリリースしていただきたいものです。

余談ですがGC-PHEVはその後のコンセプト発表がありませんよね。

パジェロクラスで大型PHEVモデルを展開したとして、アウトランダーPHEVとの違いはなんでしょう? 3列シート?

3列シートであればパジェロを作るよりデリカをPHEV化した方がコンセプトの線引きが明確になります。

とはいえ、現状のデリカは主なマーケットが日本国内と一部海外に限られるため、パジェロのようなグローバルモデルとして3列シート大型SUVとしてのPHEVモデルを作ることの意味はあるのかもしれません。

上記のプレゼン資料には、「コアモデルの電動化」と明記されていますしね。

三菱におけるコアモデルとはパジェロ、デリカ、(ランサーエボリューション)、ekシリーズを指していると理解しています。またエクリプスクロスも小型SUVとして三菱自のなかで既にコアモデルの位置づけにあると言えるのかもしれません。

(デリカは販売シェアが大変小さい日本国内中心モデルなので微妙かもしれませんが・・)

ただ、この電動化戦略、私個人的にはちょっと懸念しています。

多車種展開のリスク


三菱自に果たして軽自動車から大型SUVまで、EV化、PHEV化を展開していくだけの体力(開発資金と人材規模)はあるのでしょうか。

次期パジェロの位置づけとしてのPHEVシステムとは、クリーンディーゼルエンジン+大型モーター、大容量電池の搭載?でしょうか。

e-EVOLUTIONのPHEVシステムとは、パフォーマンス重視の小型ターボエンジン+3モーター?

エクリプスクロスのそれは?次世代アウトランダーPHEVのそれは?それぞれどんな個性を与えるつもりでしょうか。

これまで発表してきたコンセプトモデルは、上記のようにそれぞれ既存のコアモデルを電化したらどんなイメージになるだろう、を形にして提案してきたように見えています。

それゆえコンセプトごとに異なる方式の提案になってしまっていました。

もし、この考え方に沿って将来車種別に異なる方式のPHEVシステムを作ろうとしているのだとしたら、開発リソースの確保や製造ラインの対応は勿論、ラインナップが増えてシステムのVersionを複数世代抱えるようになり、整備性の悪化や不具合対応のコスト等々ありとあらゆる部分に金が掛かってきます。

あまりに現実的ではありません。

三菱の電動化が目指すべき方向性 ~共通プラットフォームの構築~


三菱PHEV・EVは三菱自の歴史であり個性であり、ブランドであり中心に据えるべきものです。

中・大型クラスに対応可能な共通プラットフォームとして、

Mitsubishi PHEV Platform(MPP)

小型・中型クラスに対応可能な共通プラットフォームとして、

Nissan EV Platform(NEP)

を開発し、ブランド化して市場に対する訴求力を強化してはいかがかと考えます。

(個人的に、日産e-POWERには将来性は無いと考えています)

提案の内容がトヨタのTNGAやスバルのSGPの2番3番煎じなのは小恥ずかしいのですが、私が言うまでも無く共通プラットフォーム化のメリットは、コストメリットから始まり信頼性向上、ブランドイメージ向上、競争力向上などなど多岐に渡ります。

(場合によっては大型クラスのモデルはプラットフォーム共通化の対象から割り切って外してしまう判断も必要かもしれません。。)

また、市場ではすでにその兆候は見えていますが、プラットフォーム自体を商品として、他社へ販売していくといったプラットフォーム競争時代は必ず来ます。

その時代を見据えた対応を早期に打つべきです。

EVに関しては日産の技術を、PHEVに関しては三菱の技術を投入し、アライアンスの効果を最大化すべきです。

マツダは、内燃機関に大きな強みと自負があるがゆえに、この将来を見ようとしていません。

スバルは、駆動系において機械制御の歴史は積んできたものの、電子制御は三菱に比べてもだいぶ後発であり技術の積み重ねができていません。

この2社の将来は、ゆくゆく追い込まれて自社開発を試みるも断念し、他社のプラットフォームの購入 → 技術力低下 → ブランドイメージの低下、市場競争力の衰退といった憂き目にあうものと私は考えています。

競争で闘えるのはトヨタぐらいです。

もしかしたらパナソニックや自動車部品メーカ各社がEVプラットフォームを開発・展開して市場のシェアが様変わりするかもしれません。

次回のモーターショーでは上記のような共通プラットフォームをコンセプトとして発表してくれたら、話題性は相当なものになるのではと考えてしまいます。

弱小メーカーである三菱自がとるべき選択と集中の方向性は、こういったものなのではないでしょうか。

色々言いたいことを書きましたが、電化が進む将来を見据えた時、三菱は優位な立場にあります。

今後の三菱自に期待しましょう。

Amazonへジャンプ:工学 本

Amazonへジャンプ:電気工事士

カテゴリー: | タグ: | コメントをどうぞ

川越市駅 川越スケートセンター跡地再開発について


川越スケートセンター跡地①

川越市駅前にかつてあった川越スケートセンターの建物が綺麗に取り壊され、2018年2月現在更地になっています。

 

跡地には一体何ができるのだろうと気になって敷地周辺を歩いてみたのですが、建設業の許可票は掲示されていないことから、今とくに何かの開発事業に基づいて更地化されたわけではないようです。

最新の川越市の建設工事発注見通し(平成29年度 川越市建設工事発注見通し (10月見直し))を見ても、駅前整備工事は新河岸駅前と川越駅東口駅前のもののみであり、川越市駅前に関するものは確認できません。

因みにこの資料、川越市駅前のみならず地域がどんな風に変わっていくのかを短期・中期的に見通せるものですので、上から下まで見ていくと結構興味深いことが書いてありますよ。

平成30年度以降の見通しについては川越市のホームページにアップされますので興味がある方はチェックしてみてくださいね。

川越市ホームページ(建設工事の発注見通し)

また、今後は再開発のための地域住民に対するヒアリングや意見交換の場などがウエスタ川越や市民会館等で開催されていくと思われますので、広報川越なども注目していただくと良いかと思います。

2015年時点での古い情報では、駅前広場(つまり公園)にしようなどという案も検討されていたようですよ。

川越市ホームページ(鉄道駅周辺整備事業 – 川越市駅周辺地区)

中期的には川越駅西口のようにしばらく更地として維持管理されるか、もしくは仮設で駐車場が作られる可能性はあるかもしれませんね。

長期的な大方針については以下も参考にしてください。

川越市中心市街地活性化基本計画について(平成27年4月から平成32年3月(5年))

この計画からは少子高齢化を見据えて無暗にハコモノを作ればいいわけではないという考えも読み取れます。

確かに舟橋功一氏が市長を務めた時期の川越市は、あまりにもハコモノを作りすぎたため、昨今それらを維持するための高コスト体質になっているように見受けます。(工事見通しを見てもハコモノの改修や修繕などが多いように思います)

ということで色々書きましたが、直近では杭を打ってロープで囲うだけで終わりになるようですね。

空き地が川越市駅と本川越駅の間に位置するのであれば色々な可能性がみえてくるのですが、この跡地については使い道が難しいです。。

これからの世代のための街づくりはどうあるべきか、この跡地を見て考えてみていただければ幸いです。

おわりにGoogleマップに川越スケートセンターの航空写真がまだあったので残しておきます。

川越スケートセンター航空写真googleマップより


2018/9/6 追記

 

工事が始まっていますが、どうも北北西にある踏切道路(入間川街道)へ接続する道路を作っているようですね。市駅出口の反対側へのアクセス性を良くすることが目的のようです。

その貫通する道路の両側には大きめのスペースを取っていますので、併せて何らかのテナントビルなどの建設が予定されているのかもしれません。

2018_0901_川越市駅前工事

それから私はこの敷地を勝手に川越市の土地と決めつけて記事を書いてしまってましたが、恐らく東武鉄道の所有地だと思われます。なのでこの道路は私道といってよいのかもしれませんね。。

東武鉄道の中期経営計画も覗いてみましたが、この小規模な開発に対して触れているわけもなく、情報は得られませんでした。

2018/9/7 追記

東武鉄道に問い合わせました。

駐車場だそうです。

カテゴリー: 雑記帳 | タグ: | 1件のコメント

第57回農業機械大展示会は2018年1月27・28日


ja_logo Kubota_logo yanmar_logo Iseki_logo new-holland-logo

JAさいたま57回農業機械大展示会ポスター

恒例のJAさいたま主催の農業機械大展示会は2018年も開催されます。
場所はいつもの「むさしの村」

会場の様子は以下をご覧ください。2013年の古いものではありますが雰囲気は伝わるかと思います。
https://manitaninforest.wordpress.com/2013/01/28/jaグループ埼玉-第52回農業機会大展示会ギャラリー/

一般の人も自由に入場できますのでお気軽に。
来てみたら分かりますけど思った以上に楽しめますよ、お子さんお孫さんも喜ぶと思うのでぜひご一緒に。

JA全農さいたま
http://www.st.zennoh.or.jp/index2.html

Amazonへジャンプ: 中古農業機械

カテゴリー: イベント, 農業 | タグ: , | コメントをどうぞ